叡智の三猿

〜森羅万象を情報セキュリティで捉える

当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

孤独な美咲との出会い:SNSの儚さ

ChatGPTによる「ロマンス詐欺」をテーマとした物語

春の桜が舞う中、都会の喧騒から離れた小さな町に住む女性、美咲は、仕事に疲れた日々を送っていた。彼女は恋愛には縁がなく、孤独を感じながらも、なんとか生活を繋げていた。

ある日、美咲は突然、SNSで素敵な男性、雄大と出会う。彼は優しく、ロマンチックな言葉で美咲の心を掴んでいった。雄大は自分も一人でいると言い、美咲と同じように孤独な日々を送っていると語った。美咲は彼に心を開き、やがて彼に恋をする。

しかし、美咲の友人、真理は雄大のことを疑っていた。彼女は雄大が本当に美咲を愛しているのか、または何か隠しているのではないかと感じていた。しかし、美咲は真理の言葉を聞き入れることはなく、彼女の心はすでに雄大に捕らわれていた。

ある日、雄大は美咲に会いたいと言い出した。彼は彼女に会うために町にやって来ると言い、美咲は心躍らせながら待ち続けた。そして、待ちに待った日がやって来た。美咲はワクワクしながら雄大との待ち合わせ場所に向かった。

しかし、待ち合わせ場所に着いた美咲の目に飛び込んできたのは、美しい桜の木々と、それを愛でる人々だけだった。雄大の姿はどこにもない。彼女はショックを受け、絶望の底に沈んでいった。

その後、真理が美咲のもとに駆けつけ、彼女を慰めた。真理は美咲に、雄大がロマンス詐欺師であり、自分が何者かを知らせようとしていたことを告げた。美咲は自分の愚かさに気付き、涙を流した。

結局、雄大は本当の姿を見せることなく姿を消した。美咲は彼の虚偽に傷つきながらも、真理の支えによって立ち直ることができた。彼女は再び自分の人生を歩み始め、これからは心を開く相手をよく見極めることを誓った。

【注】この物語は、生成AIのChatGPTで作ってます(表題は「はてなブログ」のAIアシスト機能を使いました)。明らかな表記ゆれがある部分は、修正しています。

感想

いま、ロマンス詐欺が流行っているようです。ロマンス詐欺は、ネットを使って親しくなった相手をだますことでお金を得ようとする詐欺です。詐欺を働く人は外国人が多いといわれてます。

ロマンス詐欺の手口(参考:国民生活センター)

また、ロマンス詐欺では、被害金の回収見込みがないのに弁護士が高額の着手金を受け取る問題も起きてます。正義の味方であるはずの、弁護士が悪事を働くなんて・・・事態を複雑にさせてます。

ロマンス詐欺が増えた要因として、マッチングアプリなどネットでの出会いが気軽に出来る環境が整備されたことで、詐欺師はネットの匿名性を巧みに利用することが出来るようになったことが挙げられます。

また、特に日本では実質賃金の減少が続き、経済的に困難な人が増えてることも想定できます。経済的な苦しさを外国人とのロマンスで埋めようとする心理が詐欺を増加させることになってないかが気になります。

詐欺師は、弱っている人の心に入り混みます。ロマンス詐欺の被害者はそもそも相手を信頼してます。そのため、自分が被害者であることに気が付きにくいのが難点です。仮に相手を「怪しい、胡散臭い」と、思ったとしても、別な心の叫びが、それを打ち消そうとするでしょう。

その為、長い期間に渡って騙され、お金を取られていくのが厄介だと思います。

ロマンス詐欺の温床となるマッチングアプリのサービスも当然、対策はとってます。アプリ内での複数登録は規約で禁止しています。なりすましやBoTからのアクセスをシステム的に検知することで、不正アクセスをさせない仕組みを導入しているサービスもあります。ですので、サービスを利用する人は、セキュリティ対策を調べておくのがいいと思います。

ただ、システム的な対策は限界があります。いちばん重要なのは、ネットで知り合って、すぐに「愛を告白」されるのは、ありえない話だと疑うことだと思います。

ロマンス詐欺による投資は、運用の実態が確認できないことが多いとされます。いちど支払ってしまったお金を取り戻すことは非常に困難です。

ところで、ChatGPT による「ロマンス詐欺」の物語は、稚拙すぎて残念でした・・・。

この物語でいちばん残念なのは、ロマンス詐欺の入口となるネットでの「出会い」と、出口の「連絡不能」が描かれるだけで、肝心のお金を搾取する過程がないことです。

SNSでロマンチックな言葉を使い、美咲の心をつかむ素敵な男性、雄大がいかなる人物なのか!?・・・よく分かりません(お金を搾取する行為がないので)。

美咲の友人である真理は、雄大が「何かを隠しているのではないか」と感じたと書いてます。

雄大は美咲に、SNSにこんな感じの男性を演じてたのでしょう。

しかし、実際の雄大はこんな感じかもしれません。

だとしたら、雄大が実際に美咲と会うのに躊躇し、待ち合わせ場所に来なかった可能性も考えられます。これも詐欺といえば、詐欺ですが、一般的なロマンス詐欺の文脈に当てはまりません。

メタバースであれば、実際の自分とは異なるアバターを設定することはよくあります。

それはネットの世界で完結しておくべきなのでしょう。