叡智の三猿

森羅万象を情報セキュリティマネジメントで捉える

不当競争防止法:気になる情報セキュリティ用語

不当競争防止法は、企業間の競争が「公正」に行われるための法律です。

そして、不正競争防止法の営業秘密は「秘密として管理されている生産方法、販売方法、その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないもの」と定義されています。

  • 秘密管理性:秘密として管理している。
  • 有用性:事業活動に有用な技術又は営業上の情報である。
  • 非公知性:公然と知られていない。

事業活動における重要な技術情報について,営業秘密とするための要件を定めている法律はどれか。

著作権法
特定商取引法
不正アクセス禁止法
不正競争防止法
~「ITパスポート 令和元年度秋期」より





答え:エ
不正競争防止法の営業秘密は「秘密として管理されている生産方法、販売方法、その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないもの」と定義されています。