叡智の三猿

~森羅万象を情報セキュリティで捉える~

不正アクセス禁止法:気になる情報セキュリティ用語

不正アクセス禁止法はアクセスが制限されているコンピュータに対して他人のIDとパスワードを使用したり、セキュリティホールを悪用して侵入する行為を処罰する法律です(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律で禁止されている行為はどれか。

OSなどに存在するセキュリティ上の弱点を電気通信回線を通じて攻撃してコンピュータを不正利用する行為
営業秘密や営業上のノウハウの盗用などの不正行為
他人を誹誇中傷する内容をホームページや掲示板などへ掲載する行為
本人に対して個人情報の利用目的を隠し,不正な手段で取得する行為
~「ITパスポート 平成24年度秋期」より





答え:ア
コンピュータネットワークに接続できる環境で、セキュリティホールを悪用して侵入する行為は不正アクセス禁止法で処罰されます。イは不正競争防止法、ウは刑法の名誉棄損、エは個人情報保護法による処罰となります。